名古屋帯のお太鼓が完成

ごきげんよう!
誰でも簡単キレイな大人着物
はじめませんか?
神戸 芦屋 西宮
着付け教室るりいろの松本ちえです。

全9回の「初めてさんのキモノレッスン
6回目のレッスンでは名古屋帯
「一重太鼓」と呼ばれる帯結びが完成します。

4~6回目のレッスンにわたり
段階的にお伝えしている名古屋帯の結び方です

ところで、名古屋帯は明治時代に名古屋の女学校の先生が
開発したという説が有力。

それまでの帯を軽く巻きやすくした
ということで画期的だったようです。

帯揚げ帯締めを加えると完成。
帯の柄もいいところに来ています。
ポイントは柄が「ど真ん中を避ける」こと

後ろの柄もばっちり

お太鼓の上線も真っすぐ、
タレの長さはご自身の人差し指ではかってもらいますが
いい感じのバランスです。
コツは、あくまで自分の指ではかること

実は、鏡を見ると歪んでしまうのです。

一重太鼓ができると

おおよそのシチュエーションには対応できます。

金糸銀糸がたくさん入った名古屋帯なら
フォーマルにも合わせられることがあるので
入学卒業式にも使えることもありますよ!!

次回は、浴衣をレッスンします。
もうここまでくると
浴衣は一瞬で着れてしまいます!


お問合せはLINEからが確実です

Related Entry

東京から!着物が2日で、ゼロから完璧になります

片道2時間以上かけてきてくださる生徒さん

講師養成コース、次のステップへ

体験レッスンにお越しくださいました! 神戸 芦屋 西宮の着付...

着物を着れなくても、着せられる!

講師養成コース、着付けだけではありません。