洗える着物って何ですか?

ごきげんよう!
誰でもキレイで楽ちん。大人キモノはじめませんか?
神戸 芦屋 西宮 着付け教室るりいろの松本ちえです。

着物にまつわるイメージのひとつに
「お手入れが大変そう」
という声があります。

もし汚してしまったとき
絹で出来ている着物は、通常、お家で水洗いできません。

これが「大変そう」の理由。

では、「洗える着物」だったら
どうなのでしょうか?

絹はお家で洗えない

絹織物はデリケートなので、
生地によっては、水洗いで縮んだり
染色が落ちてしまったりするからなんです。

また、絹は濡れた状態でこすると、摩擦で表面が毛羽立ち元には戻りません。

着物に慣れた方は、絹でも織り方によってお家で洗えるものが見分けられますが、

初心者さんには難しいですね。

私は実験的にリサイクルの惜しくなものを洗って実験していますけど(^^;)

洗える着物とは

一方「洗える着物」というのもあります。

これは、何が違うかというと「素材」です。

ポリエステル

代表的なものは、ポリエステルなどの化学繊維でできた着物

今は、技術が進んで、パッと見ただけでは
絹かポリエステルかわからないものもありますよ。

ポリエステル製の洗える着物は
ネットに入れて洗濯機で洗うことができます。

雨にぬれても安心、日焼けによる変色もしません。
お手入れが楽なのは嬉しいですね。

洗える自然素材

後は、ウール、木綿、麻で出来た着物もお家で洗うことができます。

これは木綿の着物。

ただし、木綿と麻は、最初に洗ったときに縮むので

お家でお手入れできるようにするためには
仕立てる前の反物の段階で水に通して縮め
縫いあがった後に洗っても、
縮まないようにしておきます。

お天気を気にせず着れる洗える着物。
一つ持っておくと安心ですよ!

Related Entry

ほどいて洗って 母にお任せ

羽織を着てみよう 神戸 芦屋 西宮の着付け教室

洗える着物って何ですか? 神戸芦屋西宮 着付け教室るりいろ

今さら聞けない?足袋の履き方 神戸 芦屋 西宮 キモノるりい...

お手入れ講座に行ってきました!

キモノの時の下着(後編) 神戸 芦屋 西宮 着付け教室るりい...