浴衣と帽子の祇園祭コーデ 神戸 西宮 芦屋 着付け教室 るりいろ

ごきげんよう!
誰でも簡単キレイな大人着物
はじめませんか?
神戸 芦屋 西宮
着付け教室るりいろの松本ちえです。

今年の祇園祭は、自分で染めた雪花絞りの浴衣で行ってきました。

コーデの詳細です

浴衣に帽子 OKです

昼間だったので
やはり日差しがきつかろう
と、浴衣なんだけど帽子を合わせました。

人込みの中では日傘をさすのも難しいですし。

髪型をダウンヘアにしたせいか
違和感ないと思うのですがどうでしょう。

浴衣は、以前自分で染めた雪花絞りです
京都のいづつさんで体験させてもらいました。

色も自分で決めたんですよ!

生地は綿紅梅という
格子状の織柄が特徴の綿生地。

サラッとして透け感があります。
絞り染め体験教室 - 京都絞り染め専門店 いづつ

帯はやっぱり半幅帯

浴衣と言えば、半幅帯でしょうか。

浴衣の色の黄色から1色取って
黄色の半幅帯にしました。

この帯は
ポリエステルですが
柔らかく
適度に張りがあって
結びやすいです!

ポリエステルの帯は
お値段が幅広いけど
結びやすいかどうかは
触ってみないと なんとも言えないですね。

お安くても
めっちゃ結びやすいのがあったりして
そういうのは ほんと当たりだな!と思ってます。

帯結びは、
三重仮ひもを使って
屏風たたみにした帯を挟んでいるだけなんです。

が、結構うまく出来た笑

↓仮紐とはこういうのです
三重仮紐 

帯回りと小物

構造上は不要ですが
飾りとして帯揚げを巻いています。

帯揚げは絹の絽縮緬。

仮紐が見えないように
帯揚げを使っています。

絽縮緬、
正確にいうと真夏に使う素材ではありません。
が、知ってて使う分にはいいかな、と思います。
絽縮緬の季節は一瞬なので!

色は、コーデの邪魔をしない
モノトーンで。

帯締めは木綿の真田紐
赤い帯締め(三分紐)にしようか迷いましたが
ここは、涼しさを演出したくてこの色に!

帯留はガラス。
ちょっとの赤が効いて
いい仕事してます!

東風杏さん
のワークショップで自作しました

帯揚げ帯揚げ - CHOKO ONLINE SHOP |
帯締め 三分紐帯締|着物・浴衣の専門店『KIMONO MODERN

足元

今回はばらいろさんの塗りの下駄を。

赤が差し色になって、大好き。

これは歩きやすいし、痛くならないので
歩き回るときも重宝しています。

歩き回るのがわかっている時は
履きなれたサンダルも浴衣に合わせてOKですよ!

どうしても下駄で行きたい場合は
絆創膏を多めに用意しておくと安心です。

肌着と補正

透け感が強いこの浴衣

やっぱり、日差しが当たって
足がニョキっとか見えるのは嫌なんです、私!笑

ということで
足首まである木綿の裾除け

和装ブラに肌襦袢は綿麻素材のものを着ています。

綿100のものより
やっぱり涼しい。

麻100%の肌襦袢もみたことあるな。
やっぱりもっと涼しいのかな・・・

透け感のない浴衣なら
キャミソールにステテコもありですよ!

補正はフェイスタオルを帯の下に当たる部分に2枚ほど。
胸元は補正はありません。

暑さ対策にあるとよいもの

①扇子

やっぱりあおぐと、涼しい。
祇園祭では団扇もたくさん配られていますが

やっぱり、コンパクトになる扇子がいいですね

②保冷剤

タオルハンカチに包んでもっておくと
ちょっと首を冷やしたりするのに
重宝します。

帯に挟むなら
脇の下がいいです。

ただし、溶け切ると
今度は体温を保温し始めるので
後で取り出せるところに挟むのが鉄則

③帽子、日傘、サングラス

直射日光を防ぐ何かはあった方がいいです。

浴衣にサングラス
なかなか、かっこいいですよ(人によってはイカツイ?)

最後に

暑さ対策は、どれぐらい屋外を歩く
にもよります。

とにかく無理をせず、
水分補給はいつもよりマメにしてくださいね!

【関連記事】
キモノコーデ いろいろ
祇園祭に行ってきました!ちょっとマニアックな楽しみ方

レッスン はこちら

Related Entry

ワンピース感覚の着物コーデ  神戸 芦屋 西ノ宮 着付け教室...

皆様のコーデ 春色のアフタヌーンティーお茶会 

秋のおでかけ着物コーデ

1950年代イメージの着物コーデ

着物コーデ 大寄せのお茶席にいくなら

銘仙のアンティーク着物コーデ 神戸 芦屋 西宮 着付教室 る...