着付けレッスン、こんなコーデでやってます。

ごきげんよう!
誰でも簡単キレイな大人着物
はじめませんか?
神戸 芦屋 西宮 着付け教室るりいろの松本ちえです。

今日は、レッスンの時の着物コーデをご紹介します!

着物

このときは4月。

着物は、袷(あわせ)という裏地のある着物です。
おおむね10~5月に着ますよ。

レッスンの時は、特に自分のサイズにぴったりの着物を着たり、
その時にお話しする座学に関係のある着物を選びます。

この着物は染の着物。
縞模様なので、季節を問わず袷の時期ならいつでも着れます。

この日の帯は名古屋帯。
柄は牡丹唐草です。

牡丹は晩春から初夏の花。
着物は季節感を大切にしますが、
牡丹は、その華やかさやおめでたい感じもあり
どの季節に着てもよい柄の一つです。

他にも、菊、松竹梅、梅、桜など通年着られる柄がありますよ!

着姿

衣紋は少し控えめに。

首の後ろの空間を「衣紋」(えもん)と言います。

男性や子供の着物では、この空間はありません。
首にぴったりと着物を沿わせます。

たま~に、レッスンの初めのころは、
この衣紋を抜くのを忘れる生徒さんがいらっしゃるので
「大人の女性の余裕、忘れてない?」と言ったりしています笑

帯回り

レッスンの時は、そのレッスンの内容で使う時以外
帯留や帯飾りはつけていません。

シンプルに帯締めと帯揚げをスッキリ結ぶことを心がけています。

帯締めは「冠組」と言われる厚みのあるタイプ。
普段から礼装まで使えるので重宝しています。

Related Entry

浴衣と帽子の祇園祭コーデ 神戸 西宮 芦屋 着付け教室 るり...

銘仙のアンティーク着物コーデ 神戸 芦屋 西宮 着付教室 る...

着物コーデ お茶のお稽古へ 神戸 芦屋 西宮 着付け教室るり...

シンプル単衣コーデ 神戸 芦屋 西宮 着付け教室るりいろ

ドレスコード「サムシングピンク」着物コーデく

アンティーク着物コーデ 装いに意味を込めて