着物は特別な日のもの!? 神戸 芦屋 西宮 着付け教室 るりいろ

ごきげんよう!
誰でも簡単キレイな大人着物
はじめませんか?
神戸 芦屋 西宮 着付け教室るりいろの松本ちえです。

「着物は特別な日のもの」と思われる方がまだまだ多いですが
実は、そうでもありません。

 

「着物で昼寝、できるよ~」なんていうと、
だいたいみんなびっくりします(笑)

着物にも「普段着」と「よそゆき」がある

お洋服にも
「普段着」と「よそゆき」
があるように

着物にも
「普段着」と「よそゆき」
があります。

 

洋服の場合の「普段着」と「よそゆき」の違いは
形、デザインや素材などで見分けますが

着物は全部同じ形をしているので
ちょっと見ただけではわかりにくいかしら。

なので、たまに結婚式や入学卒業式で見る「着物姿」のイメージで
日常の街中に着物のひとがいても
「なにかイベントあるのかな?」
なんて思われてしまうんですよね~

どうやって見分ける「普段着」と「よそゆき」!?

では同じ形の着物、どうやって「普段着」と「よそゆき」
は分類されているのでしょう。

着物の「普段着」と「よそゆき」を分けているのは
「素材」と「柄の付け方」です。

見分けポイント①素材

まずは素材

「素材」は綿、ウールなどは普段着、
絹でも節があるような紬糸を使っていたりすると、
普段用のカテゴリーになります。

このチェックの着物は木綿。

普段着の代表です。

見分けポイント② 柄の付け方

「柄の付け方」は、着物全体に柄があるものが普段着にちかく
裾回りだけ、または裾と肩と袖だけに柄があるものは
「よそゆき」だったり「礼装」だったりします。

 

こちらは裾と肩と袖に柄があるよそゆきの着物。
訪問着と呼ばれています。

 

着物も素材や柄で普段着のものであれば、
Tシャツとデニムみたいなイメージになりますよ!

なので、その普段着の着物では
結婚式の参列はNGなんです。

周りに着物の方がいたら、ぜひ観察してみてくださいね!

 

Related Entry

着物のキレイの「基準」

伊勢神宮の正式参拝 着物の格は?

2月の着物イベント 神戸 芦屋 西宮 着付け教室るりいろ

今年もお世話になりました!

失敗しない着物選び~卒業式編~

秋のおでかけ着物コーデ