紐の中心を一発で持てる方法!

ごきげんよう!
誰でも簡単キレイな大人着物
はじめませんか?
神戸 芦屋 西宮 着付け教室るりいろの松本ちえです。

着物を着るときに使う「紐(ひも)」。
私は長襦袢に1本、着物で2本、帯の仮ひもに1本使います。

image
片手で、襦袢や着物を押さえて、反対の手で取ることになる紐。
なので、片手でうまく取りあげることが必要。
結んだままだったり、絡まっていると、ちょっとストレスですよね。笑
{1F3BEEB8-438C-4E07-ACAC-AF4045B83B54}
紐は常に中心を持って、体に当てることになります。
つまり、一発で紐の中心が持てれば、ノンストレス

 

そのためには、ちょっとだけ事前の準備が必要です。
とっても簡単なので、ぜひお試しください。

 

まず、紐を半分に折って、端を持ちます。
{FEE85184-12E6-44D0-9915-B48AE03C68A0}

4本の指に巻いて輪っかを作っていきます。

{C7E2ED8D-5185-4470-82EA-3410737167E2}

手幅1つ分、紐が残ったところでストップ。

{769FBA95-6CB7-48CF-9F96-3FB4C1CA058E}

残った紐を、輪っかの中心に根元から押し込む!

{EB73F1E5-A7BA-47B4-94FD-E12E1C36DEF4}

しっかり押し込むけど、押し込む紐が下へ貫通しないように注意。

{3D79DE5F-6A1F-4546-BE9F-3C056EB92B49}

後は、必要な時に、ここを持てば、自然とそこが紐の中心になります。

{34DB264B-27FE-4C1C-8CC9-617ED303A7B4}

こんな感じで置いておくと、ストレスフリーで紐が持てます。

もちろん、椅子の座面などにこの形で置いておくのもおススメ。
{171F0BB4-8A2A-4E88-A918-B86E5F1065A0}
ほんのちょっとのことですが、着付けのストレスが確実に減ります。
ぜひ、やってご覧あそばせ~。

Related Entry

生徒さんが卒業式に出席されました 神戸 芦屋 西宮の着付教室

小物の収納 帯留などはこれを使ってます 神戸芦屋西宮 着付け...

京都で初体験!

2月の着物イベント 神戸 芦屋 西宮 着付け教室るりいろ

失敗しない着物選び~卒業式編~

帯の収納 私の場合 神戸 芦屋 西宮の着付け教室