クリームティーって何ですか?

ごきげんよう!
誰でも簡単キレイな大人着物
はじめませんか?
神戸 芦屋 西宮 着付け教室るりいろの松本ちえです。

昨日は、待ちに待ったレッスンへ行ってきました!

大野美紀子さん
「スコーンを焼いて、クリームティーを楽しむ」レッスンです。

大野さんとはご縁あって
去年の夏に出会い、
新年朝食会で再開し
近くでティーレッスンなどされていると聞いて
ずっと行く日を調整してたのです!

やっと行けました!

ところで、「クリームティー」って何でしょう?

皆さんはご存知ですか?

紅茶に詳しい方には常識かもしれませんが
紅茶より、一緒に食べるお菓子の方に興味が強い私は

「ミルクティーの生クリーム版?」なんて思ってました。
飲み物の名前だと思ったんですよ。

でもー

違った!

クリームティーとは、
紅茶+スコーン のこと

そしてスコーンにはクロテッドクリームとジャムが添えられます。

なるほど、飲み物ではなくて
紅茶を楽しむスタイルのひとつ
みたいな感じなんですね!

まずは、
「ほんと簡単だから」
美紀子さんに言われて

みんなでスコーンをつくるところから。

スコーンって
材料測って
混ぜて
固めて
伸ばして
型を抜いて
焼く

これだけなんですね!
寝かしたりしなくて良いし
ほぼ失敗がないそうです!

みんなでまぜまぜ。

刻んだバターと粉を混ぜる感じが、とっても面白かった!

仕上げに卵黄を塗りました。

すこし小ぶりのスコーンは、
焼く時間も15分前後とめっちゃ短い。

なんやかんやと片付ける間に焼きあがります。

焼き上がりを待つ間に
一杯目の紅茶をいれてくださいました。

ダージリンです。

日本の軟水で入れる紅茶は、
茶葉=カップの数
でいいそうです。

「ポットの為に一杯」は
(黒執事でセバスチャンが言ってました)
ヨーロッパの硬水で入れる時に
茶葉から抽出されにくいからなんだって。

そして、
蒸らす間にスコーンが焼き上ってきました!

下段はあらかじめ作ってくださったもの

上段が出来たて!

今回は、美紀子さんがあらかじめ焼いておいてくれたスコーンと
焼きたてのスコーンを食べ比べる贅沢な時間!

焼きたては香りがいいのと
クロテッドクリームが溶ける感じがよいし

冷めたのは、味がしっかりしていて
どちらがいいかは、もう好みの問題でした。

2杯目は、和束紅茶。

ミルクティーと思いきや
甘酒を牛乳で割ったものをいれた
風味豊かな紅茶。

ほんの少し甘酒の味もして
でもスッキリ感がある不思議な味。

ちょっと和風かもしれません。

 

3杯目は
日本の紅茶なんだけど
「燻製紅茶」という不思議なもの。

5年くらい前に飲んだラプサンスーチョンを思い出すスモーキーな香り
これはね、言葉では難しいです!

みんなでお湯を入れる前の茶葉の香りを嗅いで、「燻製だ!」と大興奮でした。笑

これがとっても印象的で美味しかったなあ~

紅茶とスコーンって
食べるのもおしゃべりも止まらない感じなんですよねー

私は初めましての方ばかりでしたが
皆さんとても素敵な方ばかりでした!

飲んだらちょっと緩む感じが
コーヒーとは違うところ、
と美紀子さんもおっしゃってました。

 

美紀子さんの紅茶に関するお話も面白いし、スコーンのレシピももらえて
大満足のレッスン。

6月に妹と甥が泊まりにくるので、作ってあげなくては!
甥っ子、前に会った時はスコーンが好きだったけど、今も好きかな?

4/28(土)にも開催されるこのレッスン、
おススメです!
4/28スコーンを焼いてクリームティーを楽しむ

Related Entry

神棚を再設置!神戸芦屋西宮 着付け教室るりいろ

国宝展へ

学びと自己成長の日々

号泣する読書「12番目の天使」

オープンしたばかりの中之島香雪美術館へ

朝型美人塾さんのウーマン朝食会へ