着物を着る時に必要なものは?見えないところ編 神戸芦屋西宮 着付け教室るりいろ

さて、着物を着るためには何が必要なのでしょうか?

前回はポピュラーな着物姿の見えている部分をご紹介しました!
今回は、見えない部分に使っている小物を見ていきます!
裾除け(すそよけ  )
{14C17A28-5DAA-41C4-A194-79DEE791659D:01}

二本の紐が付いた長方形の布。巻きスカートのように、腰に巻きつけます。

肌襦袢(はだじゅばん)
{8C3934EF-1ABD-4BD5-B635-1E4CBBA5CB25:01}


裾除けの次に身につけます。

裾除けと肌襦袢を足したような、ワンピースタイプもありますね。
紐(ひも)
{CA14BB47-ACA1-44A8-AB41-5AA0868069E2:01}

着物ラボでは、補正用に一本、長襦袢に一本、着物に二本、帯を結ぶ時に仮止めとして一本、計5本使います。

帯に使う一本は最終的には外すので、体に付けている紐は計4本です。
素材は、絹、ウール、化繊、綿などいろいろありますが、ま、何でも良いです。
伊達締め(だてじめ)
{18336457-FBC1-4B68-9D67-C41B72E531D2:01}

紐よりちょっと幅広のもの。

太い紐みたいなものです。長襦袢に使います。
衿芯(えりしん)
{40720E56-C9A6-4B99-A14E-F6E6E6050653:01}
長襦袢に縫いつけた半襟の中に通して使います。
襟の形をキープしてくれます。
帯板(おびいた)
{8BE671DF-082F-4681-B61A-BE666758F8D5:01}

前板と呼ぶこともあります。帯に挟んで使います。

↓この辺りに挟まっています。

{72D08D94-CF58-447D-B294-66F165AEECDD:01}

帯枕(おびまくら)

{0270CC09-9283-4922-9121-43912361F59F:01}

帯結びに使います。

着物を着ない方には1番不思議に見える形かな?

↓下の画像の図の部分に使っていますよ!

{BEC2039E-B243-4AF7-97FE-69ED8D8940BA:01}

見えないところでは、こんなものを使っています!

では、また~。
【関連記事】

Related Entry

着物を着るには何が必要? 神戸芦屋西宮 着付け教室るりいろ

着物を着るときに必要なものは?着物姿を解剖してみよう! 神戸...

着物が着たい!と思ったら