裾除け【着付け小物、こんなの使ってます】 神戸芦屋西宮 着付け教室るりいろ

ごきげんよう!
誰でもキレイで楽ちん。大人キモノはじめませんか?
神戸 芦屋 西宮 着付け教室るりいろです。

 

 今回ご紹介するのは「裾除け(すそよけ)」
「裾除け」(すそよけ)は、着物の下着で、一番に身につけるものです。
形は言うなれば「巻きスカート」状になっています。

 

私は、素材的に2種類のものを使っています。
1つは洗えるシルク綿(サラシ)の裾除け。
腰にあたる部分は綿素材です。

 

確か楽天で「裾除け 絹 洗える」で検索しました。
5千円前後だったと思います。
機能的には、冬も暖かいし(はじめヒヤっとしますが)、
夏もべとつかず通年快適に使っています。
摩擦もないので、歩きやすいのもいいですね。
特に冬。
裾除けをポリエステル、長襦袢と着物を絹にする場合より、
静電気が少ないです(自分比)
そして、もちろんご家庭で洗濯可能です。
コレ、重要ですよね。
洗剤はオシャレ着洗い用のものにされたら間違いないですよ。

薄くてごわつかないところもおすすめ。

{E2E1FBCF-51C5-42C1-A9C2-E7CB27E3BED4}

もう一つは、ベンベルグと綿の裾除けです。

腰に当たる部分が綿です。
これは水色ですが、ほかの色ももちろんありますよ。

{C0A753BD-BB5A-438A-BE2D-05A3B3FCB859}

ベンベルグは旭化成の登録商標。
一般的にはキュプラと言われる再生繊維の一つです。
この生地の特徴はとにかく滑らかなこと。
絹より摩擦が少ないそうですよ。
少し重みがあるので、垂れ感があって、身に着けやすいです。
また、ポリエステルより静電気が断然少ないと感じます。

{E4FB8203-3A04-4A25-961E-B5F986FFBFA6}
以上、裾除けは、肌に触れるものです。
色んな素材がありますが、特に腰に当てる部分(紐がついてる方)は、
綿などの天然繊維で汗を吸ってくれるものがおすすめですよ!

Related Entry

着物に必要なもの

着物の寒さ対策は「3首から」

これをチェック!夏に向けた着物の準備

伊勢神宮の正式参拝 着物の格は?

着物の誤解!?お手入れが面倒・・・

着物を増やすには!? 神戸 芦屋 西宮の着付け教室