羽織を着てみよう。

秋らしい気温になってきましたね。

洋服でも、寒くなったら上着を羽織るように、

着物でもカーディガンのように使える羽織りもの、

その名も「羽織(はおり)」があります。

image

 

 

寒くなってきたら、羽織の出番です。

羽織は、洋服のカーディガンと同様、

室内でも脱ぐ必要がありません。

 

 

今日はそんな羽織を

着こなすときのポイントをお伝えします!

 

 

 

羽織を着る時のポイントは、大きく2つ。

 

 

注意点①

必ず「羽織紐」が必要

 

 

 

羽織の衿の内側、よく見ると小さなループが付いています。

image

 

 

拡大するとコレ。「乳(ち)」とよばれるループです。

これに羽織紐をつけて使います。

{37E92F28-4148-49CB-BA4D-B84D2357C221}

 

内側から通します。

{4CF72E14-0DF2-48D9-A7DA-304F4B1C49FD}

 

 

ヘアピンを使うと、あっという間です。

{27B440F1-D3F9-4964-B025-08C69C16EB06}

 

ここまで通しておきます。

{4E094720-5F17-49AC-8980-4173A09DD384}
次に通した羽織紐の輪に、紐本体を通します。
{F9DB0876-FE7E-4E95-9D04-EC171921EFA0}

 

ちょっと、先を折ってから通すと、すんなり通ります。

{6C11D53B-4E68-4AA6-8BA2-EAC1AC248C7D}

 

 

こんな感じで通して引き抜きます。

{38972798-A2E0-4804-9362-B9FCF3DB40B5}

 

 

羽織紐の結び方は、帯締めと一緒です。

{760B7A0F-7248-41C2-95B9-81906AD56843}

 

 

 

これが、面倒な方は、ひっかけるだけの羽織紐がオススメ。

上 アンティーク

下 カカラ装飾品店

{CB9CBF61-376A-46EB-98F4-C88105661AFE}
注意点②
衿を折って着る
羽織の衿は外側に折って着ます。
特にくびの後ろ、「衣紋」の部分は、
外側に半分に折ります。
{1CBB398D-21FB-461F-8CF6-0471FB76036F}

これ、忘れがちなので、要チェック!

たまに、折ったつもりでも、
折れていないこともあります笑。
大阪だと、知らないおば様が
無言で後ろから手を伸ばして、
折ってくれる・・・なんてこともありますから。
丈が長めの羽織はとってもエレガント。ぜひ、着てみてくださいね~。

Related Entry

着物が着たい!と思ったら

帯枕【着付け小物・こんなの使ってます】  神戸芦屋西宮 着付...

着物の防寒

着物に必要なもの

着物は特別な日のもの!? 神戸 芦屋 西宮 着付け教室 るり...

紐の中心を一発で持てる方法!